Go-Conとは

きかせてください、あなたの思いとビジネスプラン。

We Need Your Ideas ➕ Actions.

江津市ビジネスプランコンテスト(通称:Go-Con)は、2010年にはじまりました。急速な人口減少、伝統産業の衰退、若者の流出といった地域課題山積の中、定住対策には産業振興が欠かせないとの考え方から生まれた取り組みです。

Go-Conの開催地、島根県江津市 *江津の読み方は「ごうつ」

01

企業誘致から起業(人材)誘致へのシフト

何よりも人が第一と、江津市が独自の価値づくりを始めたエポックメーキングな事業とも言えます。コンテストを通じて事業を始めた方は19名。またそうした動きに引き寄せられるかのように、江津で事業を始める方々も見られるようになっています。

02

GO►GOTSU! 山陰の「創造力特区」へ

2017年、島根県江津市は、新しいまちのスローガンをつくりました。創造力とは、今までのやり方に捉われず、チャレンジ精神をもってものごとを生み出す力。いろいろなやり方を認め合い、後押ししていくという町=特区をつくるという想いが込められた言葉です。GO▶︎GOTSU!ウェブサイトはこちら

03

江津市のシンボルイベントとしてのGo-Con

自らが考えた新しいアイデアやアクションを多くの人に伝えて応援団を獲得する場所として行われるビジネスプランコンテスト(Go-Con)は、まさに特区のシンボルとなっています。

江津市は、みなさんの創意工夫を形に変える最高の場を用意していきます。
ネットワークと支援制度。この二つを兼ね備えているのが江津市の魅力です。

あなたの想いをここで実現してみませんか。
私たちはまちぐるみで応援します。

Go-Conの3つの特徴

01

ビジネスプランコンテストの開催

年に一回、12月頃にコンテストを開催しています。近年、市内外から100名を超える方々にご来場いただくイベントとして定着しました。情報発信の場としても大きな効果があります。(*文中の数字は、2017年3月現在のものです。)

02

創業検討者に対するプランのブラッシュアップサポート

コンテストの事前事後に勉強会を開催しています。コンセプト設計から収支計画まで、各支援機関からの多角的なアドバイスでブラッシュアップがはかられる機会として、出場者からも好評です。

03

支援体制の構築

江津市の他に、江津商工会議所、桜江町商工会、日本海信用金庫、てごねっと石見といった市内各機関でコンソーシアムを組んでいます。創業相談窓口も設け、ワンストップで支援機関と繋がることができます。